萬葉学会

『萬葉』最新号のお知らせと大会予告欄の修正

『萬葉』最新号(223号)は、平成29年(2017)3月31日に発行されました。

目次

木簡と文書の世紀-木簡はなぜ無くなるのか?-・・・寺崎保広

『萬葉集』の「譬喩歌」の方法・・・白井伊津子

「泣血哀働歌」第二歌群・或本歌群の構成・・・茂野智大

古事記「市辺之忍歯王の難」の構想・・・阪口由佳

宣命の語彙の一特徴-「緩怠」(「怠緩」) 「公民」を例として-・・・根来麻子

助詞ハの諸相・・・栗田岳

紹介 阿蘇瑞枝著『萬葉集全歌講義』(全十巻)・・・大島信生

報告

予告

*第70回全国大会の臨地調査研究は、10月16日(月)と17日(火)の2日間にわたって実施の予定です。「予告」の記載に誤りがございました。深くお詫び申し上げます。 詳細は次号に掲載いたします。

2017.06.25 update